万葉集 第4巻 557番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻557番歌はこちらにまとめました。

第4巻 557番歌

第4巻
歌番号 557番歌
作者 土師水通(土師水道)
題詞 土師宿祢水<道>従筑紫上京海路作歌二首
原文 大船乎 榜乃進尓 磐尓觸 覆者覆 妹尓因而者
訓読 大船を漕ぎの進みに岩に触れ覆らば覆れ妹によりては
かな おほぶねを こぎのすすみに いはにふれ かへらばかへれ いもによりては
英語(ローマ字) OHOBUNEWO KOGINOSUSUMINI IHANIFURE KAHERABAKAHERE IMONIYORITEHA
大船を漕ぎ進めるあまり、岩に接触して、転覆するならしてもよい。一刻も早く彼女に逢えるなら。
左注
校異 通 道 [桂][元] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:土師水道、羈旅、送別、餞別、太宰府、福岡
タイトルとURLをコピーしました