万葉集 第4巻 562番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻562番歌はこちらにまとめました。

第4巻 562番歌

第4巻
歌番号 562番歌
作者 大伴百代
題詞 (<大>宰大監大伴宿祢百代戀歌四首)
原文 無暇 人之眉根乎 徒 令掻乍 不相妹可聞
訓読 暇なく人の眉根をいたづらに掻かしめつつも逢はぬ妹かも
かな いとまなく ひとのまよねを いたづらに かかしめつつも あはぬいもかも
英語(ローマ字) ITOMANAKU HITONOMAYONEWO ITADURANI KAKASHIMETSUTSUMO AHANUIMOKAMO
しきりに思わせぶりな素振りを見せながらも、なかなか逢ってくれませんね。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴百代、怨恨、恋情
タイトルとURLをコピーしました