万葉集 第4巻 739番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻739番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 739番歌

第4巻
歌番号739番歌
作者大伴家持
題詞又家持和坂上大嬢歌二首
原文後湍山 後毛将相常 念社 可死物乎 至今日<毛>生有
訓読後瀬山後も逢はむと思へこそ死ぬべきものを今日までも生けれ
かなのちせやま のちもあはむと おもへこそ しぬべきものを けふまでもいけれ
英語(ローマ字)NOCHISEYAMA NOCHIMOAHAMUTO OMOHEKOSO SHINUBEKIMONOWO KEFUMADEMOIKERE
後瀬山、後に逢おうと思うからこそ死にもしないでこうして生きているのです。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 毛 [西(右書)][桂][元][紀]
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、和歌、枕詞、福井、地名、歌枕、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました