万葉集 第4巻 695番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻695番歌はこちらにまとめました。

第4巻 695番歌

第4巻
歌番号 695番歌
作者 廣河女王
題詞 (廣河女王歌二首 [穂積皇子之孫女上道王之女也])
原文 戀者今葉 不有常吾羽 念乎 何處戀其 附見繋有
訓読 恋は今はあらじと我れは思へるをいづくの恋ぞつかみかかれる
かな こひはいまは あらじとわれは おもへるを いづくのこひぞ つかみかかれる
英語(ローマ字) KOHIHAIMAHA ARAJITOWAREHA OMOHERUWO IDUKUNOKOHIZO TSUKAMIKAKARERU
もう今は恋することはないだろうと思っていたのに、どこから恋がつかみかかってきたのかしら。
左注
校異
用語 相聞、作者:廣河女王、自嘲
タイトルとURLをコピーしました