万葉集 第4巻 730番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻730番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 730番歌

第4巻
歌番号 730番歌
作者 坂上大嬢
題詞 (大伴坂上大嬢贈大伴宿祢家持歌三首)
原文 将相夜者 何時将有乎 何如為常香 彼夕相而 事之繁裳
訓読 逢はむ夜はいつもあらむを何すとかその宵逢ひて言の繁きも
かな あはむよは いつもあらむを なにすとか そのよひあひて ことのしげきも
英語(ローマ字) AHAMUYOHA ITSUMOARAMUWO NANISUTOKA SONOYOHIAHITE KOTONOSHIGEKIMO
逢おうとすれば逢える夜はいつでもあったのに、よりによって噂の立つあの夜にお逢いしてしまいました。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上大嬢、大伴家持、うわさ、贈答
タイトルとURLをコピーしました