万葉集 第4巻 517番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻517番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 517番歌

第4巻
歌番号517番歌
作者大伴安麻呂
題詞大納言兼大将軍大伴卿歌一首
原文神樹尓毛 手者觸云乎 打細丹 人妻跡云者 不觸物可聞
訓読神木にも手は触るといふをうつたへに人妻といへば触れぬものかも
かなかむきにも てはふるといふを うつたへに ひとづまといへば ふれぬものかも
英語(ローマ字)KAMUKINIMO TEHAFURUTOIFUWO UTSUTAHENI HITODUMATOIHEBA FURENUMONOKAMO
触れれば罰せられるという神木(しんぼく)にさえ触れることがあるというのに、人妻といえば決して触れてはいけないのだろうか。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴安麻呂、人妻
タイトルとURLをコピーしました