万葉集 第4巻 711番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻711番歌はこちらにまとめました。

第4巻 711番歌

第4巻
歌番号 711番歌
作者 丹波大女娘子
題詞 丹波大女娘子歌三首
原文 鴨鳥之 遊此池尓 木葉落而 浮心 吾不念國
訓読 鴨鳥の遊ぶこの池に木の葉落ちて浮きたる心我が思はなくに
かな かもどりの あそぶこのいけに このはおちて うきたるこころ わがおもはなくに
英語(ローマ字) KAMODORINO ASOBUKONOIKENI KONOHAOCHITE UKITARUKOKORO WAGAOMOHANAKUNI
鴨が遊ぶこの池に木の葉が落ちて浮かぶような、そんな浮わついた心でお慕いしているわけではありません。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:丹波大女娘子、動物、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました