万葉集 第4巻 662番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻662番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 662番歌

第4巻
歌番号 662番歌
作者 市原王
題詞 市原王歌一首
原文 網兒之山 五百重隠有 佐堤乃埼 左手蝿師子之 夢二四所見
訓読 網児の山五百重隠せる佐堤の崎さで延へし子が夢にし見ゆる
かな あごのやま いほへかくせる さでのさき さではへしこが いめにしみゆる
英語(ローマ字) AGONOYAMA IHOHEKAKUSERU SADENOSAKI SADEHAHESHIKOGA IMENISHIMIYURU
網児の山々が多く重なって隠されている、佐堤の崎で小網を張っていたあの子が夢に出てきて忘れられない。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:市原王、恋情、地名、三重県、夢
タイトルとURLをコピーしました