万葉集 第4巻 700番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻700番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 700番歌

第4巻
歌番号 700番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持到娘子之門作歌一首
原文 如此為而哉 猶八将退 不近 道之間乎 煩参来而
訓読 かくしてやなほや罷らむ近からぬ道の間をなづみ参ゐ来て
かな かくしてや なほやまからむ ちかからぬ みちのあひだを なづみまゐきて
英語(ローマ字) KAKUSHITEYA NAHOYAMAKARAMU CHIKAKARANU MICHINOAHIDAWO NADUMIMAゐKITE
近くもない道を難儀しながらやってきたのに、結局すごすごと引き返さねばならないのか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴家持、娘子、怨恨
タイトルとURLをコピーしました