万葉集 第4巻 701番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻701番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 701番歌

第4巻
歌番号 701番歌
作者 河内百枝娘子
題詞 河内百枝娘子贈大伴宿祢家持歌二首
原文 波都波都尓 人乎相見而 何将有 何日二箇 又外二将見
訓読 はつはつに人を相見ていかにあらむいづれの日にかまた外に見む
かな はつはつに ひとをあひみて いかにあらむ いづれのひにか またよそにみむ
英語(ローマ字) HATSUHATSUNI HITOWOAHIMITE IKANIARAMU IDURENOHINIKA MATAYOSONIMIMU
ちらりとお見かけしただけの人なのに気にかかる、恋に落ちたのでしょうか。いつかまたお見かけすることがありましょうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:河内百枝娘子、大伴家持、恋情
タイトルとURLをコピーしました