万葉集 第4巻 550番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻550番歌はこちらにまとめました。

第4巻 550番歌

第4巻
歌番号 550番歌
作者 作者不詳
題詞 (五年戊辰<大>宰少貳石川足人朝臣遷任餞于筑前國蘆城驛家歌三首)
原文 大船之 念憑師 君之去者 吾者将戀名 直相左右二
訓読 大船の思ひ頼みし君が去なば我れは恋ひむな直に逢ふまでに
かな おほぶねの おもひたのみし きみがいなば あれはこひむな ただにあふまでに
英語(ローマ字) OHOBUNENO OMOHITANOMISHI KIMIGAINABA AREHAKOHIMUNA TADANIAFUMADENI
大船に乗った気分で頼りにしていたあなた様が行かれたら、心細く恋しいことですわ、無事帰られてお顔を見るまでは。
左注 (右三首作者未詳)
校異
用語 相聞、石川足人、餞別、羈旅、恋情、福岡、地名、神亀5年、年紀
タイトルとURLをコピーしました