万葉集 第4巻 579番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻579番歌はこちらにまとめました。

第4巻 579番歌

第4巻
歌番号 579番歌
作者 余明軍
題詞 <余>明軍與大伴宿祢家持歌二首 [明軍者大納言卿之資人也]
原文 奉見而 未時太尓 不更者 如年月 所念君
訓読 見まつりていまだ時だに変らねば年月のごと思ほゆる君
かな みまつりて いまだときだに かはらねば としつきのごと おもほゆるきみ
英語(ローマ字) MIMATSURITE IMADATOKIDANI KAHARANEBA TOSHITSUKINOGOTO OMOHOYURUKIMI
お世話するようになってからまだ年替わりもしていませんのに長年月お仕えしているように思えます。
左注
校異 金 余 [桂][元][古][紀]
用語 相聞、作者:余明軍、大伴家持
タイトルとURLをコピーしました