万葉集 第4巻 788番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻788番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 788番歌

第4巻
歌番号788番歌
作者大伴家持
題詞(大伴宿祢家持報贈藤原朝臣久須麻呂歌三首)
原文浦若見 花咲難寸 梅乎殖而 人之事重三 念曽吾為類
訓読うら若み花咲きかたき梅を植ゑて人の言繁み思ひぞ我がする
かなうらわかみ はなさきかたき うめをうゑて ひとのことしげみ おもひぞわがする
英語(ローマ字)URAWAKAMI HANASAKIKATAKI UMEWOUゑTE HITONOKOTOSHIGEMI OMOHIZOWAGASURU
植えてまだ間もない梅の木ゆえまだ簡単に花が咲く筈もない。なのに幾度も求婚なさるので咲くか否か気がかりです。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴家持、藤原久須麻呂、比喩、うわさ、植物、贈答
タイトルとURLをコピーしました