万葉集 第4巻 539番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻539番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 539番歌

第4巻
歌番号539番歌
作者高田女王
題詞(高田女王贈今城王歌六首)
原文吾背子師 遂常云者 人事者 繁有登毛 出而相麻志<乎>
訓読我が背子し遂げむと言はば人言は繁くありとも出でて逢はましを
かなわがせこし とげむといはば ひとごとは しげくありとも いでてあはましを
英語(ローマ字)WAGASEKOSHI TOGEMUTOIHABA HITOGOTOHA SHIGEKUARITOMO IDETEAHAMASHIWO
あなた、あなたさえ結婚しようと言って下されば、人の口がうるさかろうとも、出て行ってお逢いしたいですわ。
左注
校異呼 乎 [桂][元][紀][温]
用語相聞、作者:高田女王、今城王、うわさ、贈答
タイトルとURLをコピーしました