万葉集 第4巻 498番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻498番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 498番歌

第4巻
歌番号498番歌
作者柿本人麻呂
題詞(柿本朝臣人麻呂歌四首)
原文今耳之 行事庭不有 古 人曽益而 哭左倍鳴四
訓読今のみのわざにはあらずいにしへの人ぞまさりて音にさへ泣きし
かないまのみの わざにはあらず いにしへの ひとぞまさりて ねにさへなきし
英語(ローマ字)IMANOMINO WAZANIHAARAZU INISHIHENO HITOZOMASARITE NENISAHENAKISHI
現代の男だけのありようではなく、昔の人だって私以上に声に出して嗚咽したに相違ない。
左注
校異
用語相聞、作者:柿本人麻呂、恋情、羈旅、和歌山、挽歌発想
タイトルとURLをコピーしました