万葉集 第4巻 497番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻497番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 497番歌

第4巻
歌番号 497番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂歌四首)
原文 古尓 有兼人毛 如吾歟 妹尓戀乍 宿不勝家牟
訓読 いにしへにありけむ人も我がごとか妹に恋ひつつ寐ねかてずけむ
かな いにしへに ありけむひとも あがごとか いもにこひつつ いねかてずけむ
英語(ローマ字) INISHIHENI ARIKEMUHITOMO AGAGOTOKA IMONIKOHITSUTSU INEKATEZUKEMU
昔から恋する人も私のように、彼女が恋しくてなかなか眠りにつくことができなかったのだろうか。
左注
校異
用語 相聞、作者:柿本人麻呂、恋情、羈旅、和歌山、挽歌発想、昔
スポンサーリンク

解説

題詞は496番歌から。

「いにしへにありけむ人も」は「昔から恋する人も」という意味。

タイトルとURLをコピーしました