万葉集 第4巻 493番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻493番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 493番歌

第4巻
歌番号493番歌
作者田部櫟子
題詞(田部忌寸櫟子任<大>宰時歌四首)
原文置而行者 妹将戀可聞 敷細乃 黒髪布而 長此夜乎 <[田部忌寸櫟子]>
訓読置きていなば妹恋ひむかも敷栲の黒髪敷きて長きこの夜を <[田部忌寸櫟子]>
かなおきていなば いもこひむかも しきたへの くろかみしきて ながきこのよを
英語(ローマ字)OKITEINABA IMOKOHIMUKAMO SHIKITAHENO KUROKAMISHIKITE NAGAKIKONOYOWO
あなたを置いて出立したならあなたをさぞかし恋しく思うだろうな。黒髪を敷いて寝ながら今夜の長い夜を。
左注
校異<> 田部忌寸櫟子 [元][細]
用語相聞、作者:田部櫟子、恋情、羈旅、離別、太宰府、任官、呪術、枕詞
タイトルとURLをコピーしました