万葉集 第4巻 568番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻568番歌はこちらにまとめました。

第4巻 568番歌

第4巻
歌番号 568番歌
作者 門部石足
題詞 <大>宰帥大伴卿被任大納言臨入京之時府官人等餞卿筑前國蘆城驛家歌四首
原文 三埼廻之 荒礒尓縁 五百重浪 立毛居毛 我念流吉美
訓読 み崎廻の荒磯に寄する五百重波立ちても居ても我が思へる君
かな みさきみの ありそによする いほへなみ たちてもゐても あがもへるきみ
英語(ローマ字) MISAKIMINO ARISONIYOSURU IHOHENAMI TACHITEMOゐTEMO AGAMOHERUKIMI
岬周辺の荒磯に寄せてくる幾重にも重なる波のように、居ても立ってもいられない思いがします。あなた様がいなくなると思うと。
左注 右一首筑前掾門部連石足
校異 太 大 [桂][元][類][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:門部石足、大伴旅人、餞宴、送別、恋情、序詞、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました