万葉集 第4巻 560番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻560番歌はこちらにまとめました。

第4巻 560番歌

第4巻
歌番号 560番歌
作者 大伴百代
題詞 (<大>宰大監大伴宿祢百代戀歌四首)
原文 孤悲死牟 後者何為牟 生日之 為社妹乎 欲見為礼
訓読 恋ひ死なむ後は何せむ生ける日のためこそ妹を見まく欲りすれ
かな こひしなむ のちはなにせむ いけるひの ためこそいもを みまくほりすれ
英語(ローマ字) KOHISHINAMU NOCHIHANANISEMU IKERUHINO TAMEKOSOIMOWO MIMAKUHORISURE
恋い焦がれて死んでしまったらどうしようもない。生きている今、その今彼女に逢いたい。
左注
校異 後 [元][桂][紀] 時
用語 相聞、作者:大伴百代、恋情
タイトルとURLをコピーしました