万葉集 第4巻 733番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻733番歌はこちらにまとめました。

第4巻 733番歌

第4巻
歌番号 733番歌
作者 大伴家持
題詞 (又大伴宿祢家持和歌三首)
原文 空蝉乃 代也毛二行 何為跡鹿 妹尓不相而 吾獨将宿
訓読 うつせみの世やも二行く何すとか妹に逢はずて我がひとり寝む
かな うつせみの よやもふたゆく なにすとか いもにあはずて わがひとりねむ
英語(ローマ字) UTSUSEMINO YOYAMOFUTAYUKU NANISUTOKA IMONIAHAZUTE WAGAHITORINEMU
二度あることのないこの世、この好機に、あなたに逢わずにひとり寝られましょうか。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、和歌、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました