万葉集 第4巻 544番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻544番歌はこちらにまとめました。

第4巻 544番歌

第4巻
歌番号 544番歌
作者 笠金村
題詞 (神龜元年甲子冬十月幸紀伊國之時為贈従駕人所誂娘子<作歌>一首[并短歌] <笠朝臣金村>)反歌
原文 後居而 戀乍不有者 木國乃 妹背乃山尓 有益物乎
訓読 後れ居て恋ひつつあらずは紀の国の妹背の山にあらましものを
かな おくれゐて こひつつあらずは きのくにの いもせのやまに あらましものを
英語(ローマ字) OKUREゐTE KOHITSUTSUARAZUHA KINOKUNINO IMOSENOYAMANI ARAMASHIMONOWO
大和にいて恋続けてなどいないで、紀伊の妹背の山になってずっとおそばにいたい。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:笠金村、代作、行幸、紀伊、和歌山、妻、羈旅、地名、神亀1年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました