万葉集 第4巻 612番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻612番歌はこちらにまとめました。

第4巻 612番歌

第4巻
歌番号 612番歌
作者 大伴家持
題詞 ((笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)大伴宿祢家持和<歌>二首)
原文 中々者 黙毛有益<乎> 何為跡香 相見始兼 不遂尓
訓読 なかなかに黙もあらましを何すとか相見そめけむ遂げざらまくに
かな なかなかに もだもあらましを なにすとか あひみそめけむ とげざらまくに
英語(ローマ字) NAKANAKANI MODAMOARAMASHIWO NANISUTOKA AHIMISOMEKEMU TOGEZARAMAKUNI
かえって声をかけなければよかった。どうして逢ったりしたのでしょう。どうせ実らぬ恋なのに。
左注
校異 呼 乎 [金][紀]
用語 相聞、作者:大伴家持、笠女郎、悔恨、恨み、贈答
タイトルとURLをコピーしました