万葉集 第4巻 611番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻611番歌はこちらにまとめました。

第4巻 611番歌

第4巻
歌番号 611番歌
作者 大伴家持
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)大伴宿祢家持和<歌>二首
原文 今更 妹尓将相八跡 念可聞 幾許吾胸 欝悒将有
訓読 今さらに妹に逢はめやと思へかもここだ我が胸いぶせくあるらむ
かな いまさらに いもにあはめやと おもへかも ここだあがむね いぶせくあるらむ
英語(ローマ字) IMASARANI IMONIAHAMEYATO OMOHEKAMO KOKODAAGAMUNE IBUSEKUARURAMU
今となってはもう逢うこともないと思うせいか、こんなにもわが胸は気が晴れないのでしょうか。
左注
校異 <> 歌 [西(右書)][元][金]
用語 相聞、作者:大伴家持、笠女郎、贈答
タイトルとURLをコピーしました