万葉集 第4巻 764番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻764番歌はこちらにまとめました。

第4巻 764番歌

第4巻
歌番号 764番歌
作者 大伴家持
題詞 (紀女郎贈大伴宿祢家持歌二首 [女郎名曰小鹿也])大伴宿祢家持和歌一首
原文 百年尓 老舌出而 与余牟友 吾者不Q 戀者益友
訓読 百年に老舌出でてよよむとも我れはいとはじ恋ひは増すとも
かな ももとせに おいしたいでて よよむとも われはいとはじ こひはますとも
英語(ローマ字) MOMOTOSENI OISHITAIDETE YOYOMUTOMO WAREHAITOHAJI KOHIHAMASUTOMO
百歳になって半開きの口から舌をのぞかせ、よぼよぼになっても、恋しさが増すことはあっても嫌になったりはしません。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、紀女郎、作者:大伴家持、老、恋情
タイトルとURLをコピーしました