万葉集 第4巻 763番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻763番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 763番歌

第4巻
歌番号763番歌
作者紀小鹿(紀女郎)
題詞(紀女郎贈大伴宿祢家持歌二首 [女郎名曰小鹿也])
原文玉緒乎 沫緒二搓而 結有者 在手後二毛 不相在目八方
訓読玉の緒を沫緒に搓りて結べらばありて後にも逢はざらめやも
かなたまのをを あわをによりて むすべらば ありてのちにも あはざらめやも
英語(ローマ字)TAMANOWOWO AWAWONIYORITE MUSUBERABA ARITENOCHINIMO AHAZARAMEYAMO
着物の緒(紐)をいつでもほどけるようにゆるく結んでおけば、いつか逢う日があるかもしれないではありませんか。
左注
校異
用語相聞、作者:紀女郎、大伴家持、恋愛
タイトルとURLをコピーしました