万葉集 第4巻 629番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻629番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 629番歌

第4巻
歌番号 629番歌
作者 大伴四綱
題詞 大伴四綱宴席歌一首
原文 奈何鹿 使之来流 君乎社 左右裳 待難為礼
訓読 何すとか使の来つる君をこそかにもかくにも待ちかてにすれ
かな なにすとか つかひのきつる きみをこそ かにもかくにも まちかてにすれ
英語(ローマ字) NANISUTOKA TSUKAHINOKITSURU KIMIWOKOSO KANIMOKAKUNIMO MACHIKATENISURE
どうして使いがやってきたのだろう。まあまあ、君が顔を出すのを待ちかねていたよ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴四綱、遅参、怨恨、宴席
タイトルとURLをコピーしました