万葉集 第4巻 630番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻630番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 630番歌

第4巻
歌番号 630番歌
作者 佐伯赤麻呂
題詞 佐伯宿祢赤麻呂歌一首
原文 初花之 可散物乎 人事乃 繁尓因而 止息比者鴨
訓読 初花の散るべきものを人言の繁きによりてよどむころかも
かな はつはなの ちるべきものを ひとごとの しげきによりて よどむころかも
英語(ローマ字) HATSUHANANO CHIRUBEKIMONOWO HITOGOTONO SHIGEKINIYORITE YODOMUKOROKAMO
初めて咲く花はすぐに散るだろうから気が気でありません。人の口がうるさいので逢いに行くのをためらっている。
左注
校異
用語 相聞、作者:佐伯赤麻呂、比喩、うわさ、恋愛
タイトルとURLをコピーしました