万葉集 第4巻 779番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻779番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 779番歌

第4巻
歌番号 779番歌
作者 大伴家持
題詞 (大伴宿祢家持更贈紀女郎歌五首)
原文 板盖之 黒木乃屋根者 山近之 明日取而 持将参来
訓読 板葺の黒木の屋根は山近し明日の日取りて持ちて参ゐ来む
かな いたぶきの くろきのやねは やまちかし あすのひとりて もちてまゐこむ
英語(ローマ字) ITABUKINO KUROKINOYANEHA YAMACHIKASHI ASUNOHITORITE MOCHITEMAゐKOMU
黒木の屋根が必要でしょうから木を伐採するには事欠きません。山も近いことですし、明日にでも持参いたしましょう。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴家持、紀女郎、恋愛
タイトルとURLをコピーしました