万葉集 第4巻 748番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻748番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 748番歌

第4巻
歌番号 748番歌
作者 大伴家持
題詞 (更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文 戀死六 其毛同曽 奈何為二 人目他言 辞痛吾将為
訓読 恋ひ死なむそこも同じぞ何せむに人目人言言痛み我がせむ
かな こひしなむ そこもおやじぞ なにせむに ひとめひとごと こちたみわがせむ
英語(ローマ字) KOHISHINAMU SOKOMOOYAJIZO NANISEMUNI HITOMEHITOGOTO KOCHITAMIWAGASEMU
恋焦がれて死なんばかりに苦しむのだから、人の噂や中傷の苦しみなど何でもありません。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、うわさ、贈答
タイトルとURLをコピーしました