万葉集 第4巻 542番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻542番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 542番歌

第4巻
歌番号 542番歌
作者 高田女王
題詞 (高田女王贈今城王歌六首)
原文 常不止 通之君我 使不来 今者不相跡 絶多比奴良思
訓読 常やまず通ひし君が使ひ来ず今は逢はじとたゆたひぬらし
かな つねやまず かよひしきみが つかひこず いまはあはじと たゆたひぬらし
英語(ローマ字) TSUNEYAMAZU KAYOHISHIKIMIGA TSUKAHIKOZU IMAHAAHAJITO TAYUTAHINURASHI
絶え間なくやってきたあの方の使いが来なくなった。今は逢うまいとためらっていらっしゃるのでしょうか。
左注
校異
用語 相聞、作者:高田女王、今城王、贈答
タイトルとURLをコピーしました