万葉集 第4巻 790番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻790番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 790番歌

第4巻
歌番号 790番歌
作者 大伴家持
題詞 (又家持贈藤原朝臣久須麻呂歌二首)
原文 春風之 聲尓四出名者 有去而 不有今友 君之随意
訓読 春風の音にし出なばありさりて今ならずとも君がまにまに
かな はるかぜの おとにしいでなば ありさりて いまならずとも きみがまにまに
英語(ローマ字) HARUKAZENO OTONISHIIDENABA ARISARITE IMANARAZUTOMO KIMIGAMANIMANI
春風がはっきり音を立てて吹くようになる(娘が成長する)まで、今はこのままそっとしておいて下さい。時が来たら、あなた様の気持にお任せいたしましょう。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴家持、藤原久須麻呂、贈答
タイトルとURLをコピーしました