万葉集 第4巻 607番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻607番歌はこちらにまとめました。

第4巻 607番歌

第4巻
歌番号 607番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 皆人乎 宿与殿金者 打礼杼 君乎之念者 寐不勝鴨
訓読 皆人を寝よとの鐘は打つなれど君をし思へば寐ねかてぬかも
かな みなひとを ねよとのかねは うつなれど きみをしおもへば いねかてぬかも
英語(ローマ字) MINAHITOWO NEYOTONOKANEHA UTSUNAREDO KIMIWOSHIOMOHEBA INEKATENUKAMO
人々が寝静まる刻を知らせる鐘の音が聞こえるけれど、あなた様のことを思うとなかなか寝付かれません。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました