万葉集 第4巻 608番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻608番歌はこちらにまとめました。

第4巻 608番歌

第4巻
歌番号 608番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 不相念 人乎思者 大寺之 餓鬼之後尓 額衝如
訓読 相思はぬ人を思ふは大寺の餓鬼の後方に額つくごとし
かな あひおもはぬ ひとをおもふは おほてらの がきのしりへに ぬかつくごとし
英語(ローマ字) AHIOMOHANU HITOWOOMOFUHA OHOTERANO GAKINOSHIRIHENI NUKATSUKUGOTOSHI
思ってもくれない人のことを思い続けるのは、大寺の餓鬼象の後方にひれ伏して拝んでいるようなものです。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恨み、贈答
タイトルとURLをコピーしました