万葉集 第4巻 784番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻784番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 784番歌

第4巻
歌番号784番歌
作者大伴家持
題詞(大伴宿祢家持贈娘子歌三首)
原文打乍二波 更毛不得言 夢谷 妹之<手>本乎 纒宿常思見者
訓読うつつにはさらにもえ言はず夢にだに妹が手本を卷き寝とし見ば
かなうつつには さらにもえいはず いめにだに いもがたもとを まきぬとしみば
英語(ローマ字)UTSUTSUNIHA SARANIMOEIHAZU IMENIDANI IMOGATAMOTOWO MAKINUTOSHIMIBA
現実にとはいいませんが、せめて夢でもいいからあなたの手枕で共寝できたらなあ。
左注
校異牟 手 [西(右書)][桂][元][紀]
用語相聞、作者:大伴家持、娘子、夢、恋情
タイトルとURLをコピーしました