万葉集 第4巻 702番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻702番歌はこちらにまとめました。

第4巻 702番歌

第4巻
歌番号 702番歌
作者 河内百枝娘子
題詞 (河内百枝娘子贈大伴宿祢家持歌二首)
原文 夜干玉之 其夜乃月夜 至于今日 吾者不忘 無間苦思念者
訓読 ぬばたまのその夜の月夜今日までに我れは忘れず間なくし思へば
かな ぬばたまの そのよのつくよ けふまでに われはわすれず まなくしおもへば
英語(ローマ字) NUBATAMANO SONOYONOTSUKUYO KEFUMADENI WAREHAWASUREZU MANAKUSHIOMOHEBA
(ちらりと見かけた)その夜の月夜が今日まで忘れられず、いつも頭から離れず思い続けています。
左注
校異
用語 相聞、作者:河内百枝娘子、大伴家持、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました