万葉集 第4巻 646番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻646番歌はこちらにまとめました。

第4巻 646番歌

第4巻
歌番号 646番歌
作者 大伴駿河麻呂
題詞 大伴宿祢駿河麻呂歌一首
原文 大夫之 思和備乍 遍多 嘆久嘆乎 不負物可聞
訓読 ますらをの思ひわびつつたびまねく嘆く嘆きを負はぬものかも
かな ますらをの おもひわびつつ たびまねく なげくなげきを おはぬものかも
英語(ローマ字) MASURAWONO OMOHIWABITSUTSU TABIMANEKU NAGEKUNAGEKIWO OHANUMONOKAMO
幾度も幾度も男子たる者を嘆き苦しませて平気なのですか。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴駿河麻呂、恋情
タイトルとURLをコピーしました