万葉集 第4巻 723番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻723番歌はこちらにまとめました。

第4巻 723番歌

第4巻
歌番号 723番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女従跡見庄<賜>留宅女子大嬢歌一首[并短歌]
原文 常呼二跡 吾行莫國 小金門尓 物悲良尓 念有之 吾兒乃刀自緒 野干玉之 夜晝跡不言 念二思 吾身者痩奴 嘆丹師 袖左倍<沾>奴 如是許 本名四戀者 古郷尓 此月期呂毛 有勝益土
訓読 常世にと 我が行かなくに 小金門に もの悲しらに 思へりし 我が子の刀自を ぬばたまの 夜昼といはず 思ふにし 我が身は痩せぬ 嘆くにし 袖さへ濡れぬ かくばかり もとなし恋ひば 故郷に この月ごろも 有りかつましじ
かな とこよにと わがゆかなくに をかなどに ものかなしらに おもへりし あがこのとじを ぬばたまの よるひるといはず おもふにし あがみはやせぬ なげくにし そでさへぬれぬ かくばかり もとなしこひば ふるさとに このつきごろも ありかつましじ
英語(ローマ字) TOKOYONITO WAGAYUKANAKUNI WOKANADONI MONOKANASHIRANI OMOHERISHI AGAKONOTOJIWO NUBATAMANO YORUHIRUTOIHAZU OMOFUNISHI AGAMIHAYASENU NAGEKUNISHI SODESAHENURENU KAKUBAKARI MOTONASHIKOHIBA FURUSATONI KONOTSUKIGOROMO ARIKATSUMASHIJI
あの世へと旅立ったわけでもないのに、ご門で悲しそうにしていた我が子。留守中に私に代わってつとめる刀自(とじ)(主婦)のことを思うと、夜も昼も心配で私はやせ細ってしまった。嘆いて着物の袖は涙で濡れてしまった。このように、しきりに恋しく思われ、ここ故郷の跡見の庄に何か月もいられないだろう。
左注 (右歌報賜大嬢進歌也)
校異 贈賜 賜 [元][類][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 沽 沾 [紀]
用語 相聞、作者:坂上郎女、坂上大嬢、愛情、枕詞、桜井
タイトルとURLをコピーしました