万葉集 第4巻 647番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻647番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 647番歌

第4巻
歌番号647番歌
作者坂上郎女
題詞大伴坂上郎女歌一首
原文心者 忘日無久 雖念 人之事社 繁君尓阿礼
訓読心には忘るる日なく思へども人の言こそ繁き君にあれ
かなこころには わするるひなく おもへども ひとのことこそ しげききみにあれ
英語(ローマ字)KOKORONIHA WASURURUHINAKU OMOHEDOMO HITONOKOTOKOSO SHIGEKIKIMINIARE
心には忘れる日などなく、ずっと思い続けていますが、何しろ女の噂が絶えないあなたですものね。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正復旧)] 歌
用語相聞、作者:坂上郎女、遊戯的、うわさ
タイトルとURLをコピーしました