万葉集 第4巻 703番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻703番歌はこちらにまとめました。

第4巻 703番歌

第4巻
歌番号 703番歌
作者 巫部麻蘇娘子
題詞 巫部麻蘇娘子歌二首
原文 吾背子乎 相見之其日 至于今日 吾衣手者 乾時毛奈志
訓読 我が背子を相見しその日今日までに我が衣手は干る時もなし
かな わがせこを あひみしそのひ けふまでに わがころもでは ふるときもなし
英語(ローマ字) WAGASEKOWO AHIMISHISONOHI KEFUMADENI WAGAKOROMODEHA FURUTOKIMONASHI
あなたとお逢いした日以来今日までずっと忘れられず、涙で着物の袖が乾く間がありません。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:巫部麻蘇娘子、恋情、涙
タイトルとURLをコピーしました