万葉集 第4巻 609番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻609番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 609番歌

第4巻
歌番号609番歌
作者笠郎女(笠女郎)
題詞(笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文従情毛 我者不念寸 又更 吾故郷尓 将還来者
訓読心ゆも我は思はずきまたさらに我が故郷に帰り来むとは
かなこころゆも わはおもはずき またさらに わがふるさとに かへりこむとは
英語(ローマ字)KOKOROYUMO WAHAOMOHAZUKI MATASARANI WAGAFURUSATONI KAHERIKOMUTOHA
心から決して、故郷に帰ってくることになるとはゆめゆめ思いませんでした。
左注(右二首相別後更来贈)
校異
用語相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恨み、贈答
タイトルとURLをコピーしました