万葉集 第4巻 518番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻518番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 518番歌

第4巻
歌番号 518番歌
作者 石川郎女(邑婆)
題詞 石川郎女歌一首 [即佐保大伴大家也]
原文 春日野之 山邊道乎 与曽理無 通之君我 不所見許呂香聞
訓読 春日野の山辺の道をよそりなく通ひし君が見えぬころかも
かな かすがのの やまへのみちを よそりなく かよひしきみが みえぬころかも
英語(ローマ字) KASUGANONO YAMAHENOMICHIWO YOSORINAKU KAYOHISHIKIMIGA MIENUKOROKAMO
春日野の山辺の道をものともせずあなたは通っておいでだったのに、このごろお姿がみえないですね。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 与 [西(貼紙)][元] 於
用語 相聞、作者:石川郎女(邑婆)、大伴安麻呂、地名、奈良
タイトルとURLをコピーしました