万葉集 第4巻 699番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻699番歌はこちらにまとめました。

第4巻 699番歌

第4巻
歌番号 699番歌
作者 大伴像見
題詞 (大伴宿祢像見歌三首)
原文 一瀬二波 千遍障良比 逝水之 後毛将相 今尓不有十方
訓読 一瀬には千たび障らひ行く水の後にも逢はむ今にあらずとも
かな ひとせには ちたびさはらひ ゆくみづの のちにもあはむ いまにあらずとも
英語(ローマ字) HITOSENIHA CHITABISAHARAHI YUKUMIDUNO NOCHINIMOAHAMU IMANIARAZUTOMO
各瀬ごとに岩や岸辺に幾度も妨げられながら流れていく川のように、後にはきっと逢えるでしょう。今でなくとも。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴像見、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました