万葉集 第4巻 776番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻776番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 776番歌

第4巻
歌番号776番歌
作者紀小鹿(紀女郎)
題詞紀女郎報贈家持歌一首
原文事出之者 誰言尓有鹿 小山田之 苗代水乃 中与杼尓四手
訓読言出しは誰が言にあるか小山田の苗代水の中淀にして
かなことでしは たがことにあるか をやまだの なはしろみづの なかよどにして
英語(ローマ字)KOTODESHIHA TAGAKOTONIARUKA WOYAMADANO NAHASHIROMIDUNO NAKAYODONISHITE
言い寄ったのはどこのどなたでしたかしら。小さな山の田の苗代水(なはしろみず)のようにとどこおらせているではありませんか。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:紀女郎、大伴家持、贈答
タイトルとURLをコピーしました