万葉集 第4巻 698番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻698番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 698番歌

第4巻
歌番号698番歌
作者大伴像見
題詞(大伴宿祢像見歌三首)
原文春日野尓 朝居雲之 敷布二 吾者戀益 月二日二異二
訓読春日野に朝居る雲のしくしくに我れは恋ひ増す月に日に異に
かなかすがのに あさゐるくもの しくしくに あれはこひます つきにひにけに
英語(ローマ字)KASUGANONI ASAゐRUKUMONO SHIKUSHIKUNI AREHAKOHIMASU TSUKINIHINIKENI
春日野の朝に雲がたちこめてくるように、しきりに恋しさが増します。月ごと日ごとに。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴像見、恋情、奈良、地名、序詞
タイトルとURLをコピーしました