万葉集 第4巻 635番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻635番歌はこちらにまとめました。

第4巻 635番歌

第4巻
歌番号 635番歌
作者 湯原王
題詞 湯原王亦贈歌二首
原文 草枕 客者嬬者 雖率有 匣内之 珠社所念
訓読 草枕旅には妻は率たれども櫛笥のうちの玉をこそ思へ
かな くさまくら たびにはつまは ゐたれども くしげのうちの たまをこそおもへ
英語(ローマ字) KUSAMAKURA TABINIHATSUMAHA ゐTAREDOMO KUSHIGENOUCHINO TAMAWOKOSOOMOHE
確かに妻を連れてきてはいますが、大切に思っているのはあなたですよ。
左注
校異 念 [紀] 見
用語 相聞、作者:湯原王、娘子、二重、曖昧、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました