万葉集 第4巻 636番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻636番歌はこちらにまとめました。

第4巻 636番歌

第4巻
歌番号 636番歌
作者 湯原王
題詞 (湯原王亦贈歌二首)
原文 余衣 形見尓奉 布細之 枕不離 巻而左宿座
訓読 我が衣形見に奉る敷栲の枕を放けずまきてさ寝ませ
かな あがころも かたみにまつる しきたへの まくらをさけず まきてさねませ
英語(ローマ字) AGAKOROMO KATAMINIMATSURU SHIKITAHENO MAKURAWOSAKEZU MAKITESANEMASE
この着物をさしあげますから私だと思って枕元に置いておいて着て寝て下さいね。
左注
校異
用語 相聞、作者:湯原王、娘子、形見、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました