万葉集 第4巻 534番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻534番歌はこちらにまとめました。

第4巻 534番歌

第4巻
歌番号 534番歌
作者 安貴王
題詞 安貴王歌一首[并短歌]
原文 遠嬬 此間不在者 玉桙之 道乎多遠見 思空 安莫國 嘆虚 不安物乎 水空徃 雲尓毛欲成 高飛 鳥尓毛欲成 明日去而 於妹言問 為吾 妹毛事無 為妹 吾毛事無久 今裳見如 副而毛欲得
訓読 遠妻の ここにしあらねば 玉桙の 道をた遠み 思ふそら 安けなくに 嘆くそら 苦しきものを み空行く 雲にもがも 高飛ぶ 鳥にもがも 明日行きて 妹に言どひ 我がために 妹も事なく 妹がため 我れも事なく 今も見るごと たぐひてもがも
かな とほづまの ここにしあらねば たまほこの みちをたどほみ おもふそら やすけなくに なげくそら くるしきものを みそらゆく くもにもがも たかとぶ とりにもがも あすゆきて いもにことどひ あがために いももことなく いもがため あれもことなく いまもみるごと たぐひてもがも
英語(ローマ字) TOHODUMANO KOKONISHIARANEBA TAMAHOKONO MICHIWOTADOHOMI OMOFUSORA YASUKENAKUNI NAGEKUSORA KURUSHIKIMONOWO MISORAYUKU KUMONIMOGAMO TAKATOBU TORINIMOGAMO ASUYUKITE IMONIKOTODOHI AGATAMENI IMOMOKOTONAKU IMOGATAME AREMOKOTONAKU IMAMOMIRUGOTO TAGUHITEMOGAMO
妻は遠くの地にいてここにはいない。玉桙の道は遠く、妻を思うと心休まらない。嘆くばかりで苦しくてならない。空を流れる雲になりたい。高く飛ぶ鳥になりたい。そうして明日にでも行って妻に話しかけ、私のために妻は無事であってほしいし、妻のためにこの私も無事でありたい。今の姿のまま、互いに寄り添っていたい。
左注 (右安貴王娶因幡八上釆女 係念極甚愛情尤盛 於時勅断不敬之罪退却本郷焉 于是王意悼怛聊作此歌也)
校異 歌 [西] 謌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌
用語 相聞、作者:安貴王、因幡八上釆女、恋情、離別、枕詞、悲別
タイトルとURLをコピーしました