万葉集 第4巻 770番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻770番歌はこちらにまとめました。

第4巻 770番歌

第4巻
歌番号 770番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持従久邇京贈坂上大嬢歌五首
原文 人眼多見 不相耳曽 情左倍 妹乎忘而 吾念莫國
訓読 人目多み逢はなくのみぞ心さへ妹を忘れて我が思はなくに
かな ひとめおほみ あはなくのみぞ こころさへ いもをわすれて わがおもはなくに
英語(ローマ字) HITOMEOHOMI AHANAKUNOMIZO KOKOROSAHE IMOWOWASURETE WAGAOMOHANAKUNI
人目があるから逢わないだけです。あなたから心が離れたわけではありませんと思っています。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、久邇京、贈答
タイトルとURLをコピーしました