万葉集 第4巻 714番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻714番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 714番歌

第4巻
歌番号 714番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持贈娘子歌七首
原文 情尓者 思渡跡 縁乎無三 外耳為而 嘆曽吾為
訓読 心には思ひわたれどよしをなみ外のみにして嘆きぞ我がする
かな こころには おもひわたれど よしをなみ よそのみにして なげきぞわがする
英語(ローマ字) KOKORONIHA OMOHIWATAREDO YOSHIWONAMI YOSONOMINISHITE NAGEKIZOWAGASURU
心では思い続けているのですが、きっかけがないので嘆いています、私は。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴家持、娘子、贈答
タイトルとURLをコピーしました