万葉集 第4巻 762番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻762番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 762番歌

第4巻
歌番号 762番歌
作者 紀小鹿(紀女郎)
題詞 紀女郎贈大伴宿祢家持歌二首 [女郎名曰小鹿也]
原文 神左夫跡 不欲者不有 八<多也八多> 如是為而後二 佐夫之家牟可聞
訓読 神さぶといなにはあらずはたやはたかくして後に寂しけむかも
かな かむさぶと いなにはあらず はたやはた かくしてのちに さぶしけむかも
英語(ローマ字) KAMUSABUTO INANIHAARAZU HATAYAHATA KAKUSHITENOCHINI SABUSHIKEMUKAMO
もうお婆さんだからって受け入れたくないわけではありません。他方、受け入れなかった後で後悔して寂しく思うかも。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 也多八 多也八多 [略解] 也八多 [西(右書)]
用語 相聞、作者:紀女郎、大伴家持、贈答、恋愛
タイトルとURLをコピーしました